1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 長期投資VS短期志向
  6. 主役になるよりタダ乗りが得

主役になるよりタダ乗りが得

長期投資VS短期志向 第15回

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

投資家が投資先企業と対話をする場合には、対話のためのコストと対話によって期待できるベネフィットを比較し、後者の方が大きいと判断できれば対話に取り組むことになります。コストは投資家の株式保有量に関わらず一定でしょうが、株価上昇の形でもたらされるベネフィットは、大株主ほど大きくなります。したがって、わずかな株式しか持たない投資家は、自らが対話の主役になるよりも、大株主が投資先企業との行う対話の成果にタダ乗りしようとするでしょう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム