1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. ピックアップ
  4. 【特集】米中貿易戦争に揺れる世界

【特集】米中貿易戦争に揺れる世界

トランプ大統領は2016年の大統領就任以降、「米国第一主義」の下、保護主義的な通商政策を実行に移してきました。とりわけ中国に対しては、知的財産権侵害の問題やハイテク分野での覇権争いを背景に、制裁関税を導入するなど、強硬な態度を貫いています。一方、中国も米国の追加関税に対抗する形で報復関税を実施しており、米中間の貿易戦争による世界貿易、世界経済の停滞への懸念が高まっています。また、こうした中、米国は欧州や日本との通商交渉を本格化しており、米国を中心とした通商政策に注目が集まる状況が続いています。当コーナーでは、こうした問題に関連するレポートを集約し、ご覧いただきやすいようにしています。