1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 米国対内投資規制の一部が施行開始

米国対内投資規制の一部が施行開始

重要技術を有する特定産業への投資は、CFIUSの審査が義務に

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆2018年10月10日、米国財務省は、対米外国投資委員会(CFIUS)が「2018年外国投資リスク審査現代化法(FIRRMA)」の一部規定を試験的に実施するパイロット・プログラムを行うための暫定規則を公表し、11月10日からパイロット・プログラムが開始されている。

◆パイロット・プログラムでは、CFIUSの審査対象となる取引の範囲が拡大され、特定産業の重要技術に関わる米国事業への一定の非支配的投資がCFIUSの審査対象となる。また審査対象となる取引を行う外国企業は、取引に関する情報を記載した申告書をCFIUSに提出することが義務となる。当事者がCFIUSに申告書を提出しなかった場合、最大で取引金額と同額の民事制裁金が課される。

◆今回のパイロット・プログラムの実施を受けて、米国企業への投資等を検討する外国企業は、その投資対象となる事業が重要技術を有しているか、27の対象業種に該当するかなどにつき、社内や外部の専門家と早期に議論する必要があるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加