1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 入門 欧州経済
  6. 入門 欧州経済 第10回(最終回)

入門 欧州経済 第10回(最終回)

財政統合に向けた動き ~その2~

2013年09月05日

経済調査部 研究員 矢澤 朋子

サマリー

前回の第9回「財政統合に向けた動き ~その1~」では、EUの財政規律(SGP)強化策について御紹介しました。今回は、「銀行同盟」について御説明します。


銀行同盟には、①単一監督制度(The Single Supervisory Mechanism; SSM)、②単一破たん処理制度(The Single Resolution Mechanism; SRM)、③共通した預金保護システム(a common system of deposit protection)という3つの柱があります。2013年8月末時点では①SSMと②SRMが合意されていますので、この2つの概要と「財政同盟」の今後の道のりについて御説明します。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム