1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 入門 欧州経済
  6. 入門 欧州経済 第5回

入門 欧州経済 第5回

ECBの欧州危機への対応

2013年07月25日

経済調査部 研究員 矢澤 朋子

サマリー

欧州中央銀行(European Central Bank; ECB)は、現在欧州が陥っている「欧州危機」に対して様々な対策を行っています。欧州危機の起源はパリバ・ショックと呼ばれる出来事です。


それ以降、ECBは従来の金融政策に加えて、非伝統的な金融政策を導入しています。非伝統的政策とは、金融危機や財政危機によって健全な銀行ですら資金調達が難しくなったため(流動性危機)、以前よりも機動的に、大量に流動性を供給することです。これまでECBが講じた施策は、無制限の資金供給オペレーション(通称オペ)、長期資金供給オペの期間延長、担保資産要件の緩和、主要国中銀との通貨スワップ協定締結、国債購入プログラムなどです。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート