1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 長寿社会と健康増進
  6. 長寿社会と健康増進 第4回

長寿社会と健康増進 第4回

生活習慣病予防の特定健康診査の実施状況

政策調査部 研究員 亀井 亜希子

サマリー

◆生活習慣病の早期発見・早期治療を目的として、医療保険者により、40~74歳を対象に特定健診・特定保健指導が実施され、医療費の伸びの抑制において一定の成果が出ている。


◆政府は「日本再興戦略」改訂2015で、2020年度に向けて健診受診率を80%にすることを目標としたが、現時点では課題も多く、その達成はハードルが高いといえる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート