1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 長寿社会と健康増進
  6. 長寿社会と健康増進 第3回

長寿社会と健康増進 第3回

高齢期に増加する生活習慣病の医療費

亀井 亜希子

サマリー

◆「長寿社会と健康増進」のためには、医療保健制度の持続可能性が求められ、医療費の伸びの抑制が不可欠となる。医療費全体の約3割は生活習慣病の医療費であり、生活習慣病の医療費は特に高齢者で多い。


◆このような状況において、政府は、2008年度以降、生活習慣予防対策を本格化させており、その成果が2011年度以降の生活習慣病の医療費の伸びの低下として徐々に表れてきているといえよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム