1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 長期投資VS短期志向
  6. 「長期」株式取引所の設立構想

「長期」株式取引所の設立構想

長期投資VS短期志向 第25回

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

米国証券取引委員会(SEC)は、2019年5月に新たな証券取引所の設立を認可しました。長期的な経営を行う会社を上場させることで、投資家に長期投資の機会を提供する「長期株式取引所」(“Long-Term Stock Exchange”)を設立し、年内の取引開始を目指しています。

この新しい取引所は、上場会社が長期的な経営を実現しながら、長期投資家との関係構築に集中することによって、短期志向的な投資家からの圧力に対抗できるような市場の創出を目指しています。そのための仕組みとしては、長期保有投資家に多くの議決権を付与することや複数議決権株式の活用が検討されています。

しかし、この構想は、長期投資を標榜する機関投資家団体から強い批判を受けています。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート