1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 長期投資VS短期志向
  6. 行動経済学を活用した確定拠出年金奨励策

行動経済学を活用した確定拠出年金奨励策

長期投資VS短期志向 第22回

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

2017年のノーベル経済学賞は、行動経済学の理論化と実践の功績によってシカゴ大学大学院のリチャード・セイラー教授に授与されました。行動経済学の利用を進めるため、多くの国や機関で専門チームが設置されており、確定拠出年金制度への加入率を向上させるなど、様々な成果をあげています。わが国でも確定拠出年金の運用方法の上限数を検討する際には、行動経済学の知見が活用されたこともあります。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム