1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 見て、聞いて、ちょっと未来を考える
  6. 見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第2回

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第2回

ぬるい水の力~新砂三丁目地区冷暖房事業~

サマリー

電力は、高温の熱を使って蒸気を作り、その蒸気でタービンを回して作る方法が一般的です。これは、あるエネルギー(熱)から別のエネルギー(電力)に転換していることになるのですが、投入したエネルギーよりも少ないエネルギーしか得られません。この損失を「転換損失」といいます。こうして作られた電力でお湯を沸かすと、ここでも転換損失が発生します。つまり、給湯などの熱需要に対しては、熱供給する方が転換損失を減らせます。今回は、下水処理に伴って発生する「熱」を利用して複数の建物に冷水・温水という熱を供給している「新砂三丁目地区冷暖房事業」に関するお話を伺いました。


第1回 下水と電力の関係 ~葛西水再生センター~

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート