1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コラム
  4. 2022年米国中間選挙でバイデン民主党は勝利できるか?

2022年米国中間選挙でバイデン民主党は勝利できるか?

2022年01月12日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

2022年の米国における最大のイベントは、11月8日に行われる中間選挙である。中間選挙では連邦議会上院の議席の3分の1(34議席)、および下院の全議席(435議席)が改選される。

2020年の大統領・連邦議会選挙以降、大統領および上下両院の実質的な過半数を民主党が占める「トリプルブルー」の状況が続いてきた。しかし、上下院ともに民主党がリードする議席数はわずかである(上院:0議席、下院:9議席)。共和党が上下院のいずれか、ないし両方で過半数を獲得し、大統領と議会の「ねじれ」が発生するか否かが、今回の中間選挙の最大の注目点といえる。

現時点では選挙に関する十分な情報が出揃っていないため、選挙結果を占うのは難しい。だが過去の経験則に照らせば、バイデン民主党は厳しい戦いを強いられることになりそうである。中間選挙においては、直前の大統領選挙で敗退した政党の支持者による投票意欲が高まりやすく、大統領所属政党が議席を失いやすい傾向があるからだ。2年ごとに全議席が改選される下院でその傾向が特に強く、戦後19回の中間選挙のうち17回、平均で26議席減らしている。一方、上院では19回のうち13回と下院に比べて議席数を減らした回数は少ないものの、それでも平均4議席を失っている。仮に今回の中間選挙が例年並みの結果となれば、民主党は上下両院で多数派を共和党に明け渡すことになる。

しかも、バイデン大統領の支持率は就任以降、ほぼ一貫して低下傾向にある。足下では40%程度に留まり、就任当初から異例に支持率が低かったトランプ前大統領を上回るものの、中間選挙年の年初としては歴代大統領の中でも低い。バイデン政権は中間選挙に向け、支持率回復のためのテコ入れを図る必要がある。

米国では2022年に入って新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最高を更新しており、引き続き新型コロナ対策が政権にとっての最優先課題になるとみられる。一方、国民の支持回復という観点から、バイデン政権にとって重要性が高いと考えられるのは、上昇基調を強めるインフレへの対応であろう。米国経済は総じて底堅く推移しているものの、生計費の急速な上昇で家計のセンチメントの停滞感が強まっており、これが支持率を一段と低下させているとみられる。

もっとも、インフレの抑制に関して政権としてできることは限られている。バイデン政権はこれまでも原油などの国家備蓄の放出や、サプライチェーンの混乱への対応策などを打ち出してきたが、今のところこれらの施策がインフレ抑制に十分な効果を上げているとは言い難い。

したがって、バイデン政権はFRBとの連携を一層強化していくことになるだろう。過去、選挙の年には景気回復を企図して政権がFRBに対してハト派的な圧力をかけることが多かったとされる。しかし、インフレの抑制が重要な課題であるという問題意識はFRB、政権の双方で共有されており、2022年においてはハト派的な圧力がFRBにかかる可能性は低いだろう。FRBはインフレへの対応として2022年にも利上げを開始する公算が大きいが、金融引き締めによってインフレを抑制できるか否かは、中間選挙の結果にも大きな影響を及ぼすことになる。

中間選挙年初の大統領支持率と過去の中間選挙結果

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本 政彦

執筆者紹介
経済調査部
シニアエコノミスト 橋本 政彦