1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. これならわかるiDeCo(イデコ)
  6. 投資教育は運用を助けるカギとなる?(1)

投資教育は運用を助けるカギとなる?(1)

これならわかるiDeCo(イデコ) 第7回

政策調査部 研究員 佐川 あぐり

サマリー

「投資」と聞くと、難しい勉強が必要なのではないか、というイメージを抱く人も多いと思います。しかし、DCでの運用は“自己責任”が原則であり、運用結果によっては、受け取り資産がこれまで積み立てた掛金よりも減ってしまう可能性があります。DCでは、加入者に対して「投資教育」を行わなければならないことを法律で定めており、加入者が資産運用の基礎知識を習得する場が提供されています。今回と次回は、「投資教育」について解説します。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート