1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 電力自由化が目指す社会
  6. 電力自由化が目指す社会 第7回(最終回)

電力自由化が目指す社会 第7回(最終回)

安定供給に向けた取り組み

大澤 秀一

サマリー

電気が必要な時、必要な所で、必要な量だけ使えることは、国民生活の安定と産業活動の進展に重要なことです。これまで旧一般電気事業者(いわゆる大手10電力会社)が担ってきた電気の安定供給は、電力自由化(2016年4月)以降、誰がどのような仕組みで維持されているのでしょうか。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム