1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. ニュースで見かける官民連携のキーワード
  6. 役割分担見直しとしての民営化

役割分担見直しとしての民営化

ニュースで見かける官民連携のキーワード 第7回(最終回)

中里 幸聖

サマリー

本シリーズは官民連携をテーマとしてきましたが、最終回にあたって、改めて「民営化」について考えてみたいと思います。官営事業を民営事業にするのが「民営化」ですから、官と民が協力して事業を行う「官民連携」からはやや外れるとも考えられます。しかし、民営化対象となる事業の大半は公益性を持つものであり、民営化後も行政がまったく関与しなくて良いということではありません。今回は1980年代以降のわが国の民営化に関連する歴史を振り返り、今後の方向性について考えてみます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート