1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 大和総研の働き方教室
  6. ディスカッションの流儀(その2)

ディスカッションの流儀(その2)

大和総研の働き方教室 第5回

2018年03月15日

リサーチ本部 リサーチ本部 副部長 宇野 健司

サマリー

ディスカッションに必要な資質は、3つ。
①「抽象論より、具体論」
②「反対するときは、代案を示す」
③「議論のコーディネーション能力を磨く」

「学力」だけでなく、「人間力」も鍛えることが、バランスのとれた社会人になるための第一歩。今後は、「人間力」を体系的に育成する教育プログラムが必要でしょう。

ディスカッション型の授業などを通じて、人としての「立ち居振る舞い」を体得することは、一生の財産にもなると思います。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム