1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 大和総研の働き方教室
  6. ディスカッションの流儀(その1)

ディスカッションの流儀(その1)

大和総研の働き方教室 第4回

2018年03月01日

リサーチ本部 リサーチ本部 副部長 宇野 健司

サマリー

大和総研の提供する授業は、ディスカッション形式で行っています。ポイントは3つ。
①「論破」するのではなく、「友好的」に話す。
②「まじめ一辺倒」ではなく、「おもしろ、まじめ」に議論する。
③「発言の数」が、「発言の質」に転換する。


日本の学生は、人前で話すのが苦手だとも言われますが、実は「ディスカッションの仕方を教わっていないだけ」だと感じます。


社会に出てからも、会議、営業、対人関係などで、円滑なコミュニケーションが取れるよう、学生のうちからディスカッションのスキルを体得しておくことが望ましいでしょう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム