1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 機関投資家は議決権行使結果個別開示を

機関投資家は議決権行使結果個別開示を

金融庁フォローアップ会議から「意見書」出される

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」から日本版スチュワードシップ・コードの見直しに関する意見書が公表された。


◆従来、機関投資家には保有株式に関する議決権行使結果を集計開示することが求められていたが、今後は個別企業の議案ごとの賛否を公表することが期待されるようになる。


◆しかし、機関投資家は信託勘定や投資信託ごとの議決権行使方針をすべて統一しているわけではなく、不統一行使の場合などの開示の在り方は今後の検討が必要である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート