1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 機関投資家の議決権行使結果開示の意義

機関投資家の議決権行使結果開示の意義

議決権行使結果開示のコストとベネフィット

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆投資信託における議決権行使結果の個別開示を米国SECが規則化した際のコスト/ベネフィット分析によると、これによって多大なベネフィットが生まれる一方で、コストは僅少であるとの見積もりが示された。


◆「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」で、機関投資家の議決権行使に関して個別議案ごとの公表が論じられており、日本版スチュワードシップ・コードに署名した機関投資家には、今後個別議案ごとの議決権行使結果の公表を求められる可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート