1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. よくわかる!金融商品会計
  6. 金融商品の発生の認識

金融商品の発生の認識

金融商品はいつ財務諸表に計上すればよいのか?

金融調査部 研究員 斎藤 航

サマリー

有価証券を含む金融商品を財務諸表に計上する「発生の認識」をどのタイミングでするかは、会計処理に当たって重要なポイントとなります。金融商品会計基準では、金融商品の発生の認識について、通常の商品等の売買とは異なる規定がされています。今回は、金融商品の発生の認識について詳しく見ていきます。補論では、有価証券の売買における買い手側の会計処理例も示しています。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム