1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. よくわかる!金融商品会計
  6. 金融商品会計のルールとは?

金融商品会計のルールとは?

金融商品会計のルールの意義・概要・対象

金融調査部 研究員 斎藤 航

サマリー

金融機関や事業会社は、事業活動の中で、金銭の貸し借りや資金調達、出資、リスクヘッジなどを通じ様々な金融商品と関わります。そうした金融商品には、有価証券(株式や債券など)・現金預金・売掛金・買掛金などがあります。例えば、金融機関や事業会社が金融商品を取得・処分し、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表でその取引についての財務情報を開示する際には、決められたルールに従って会計処理を行わなければなりません。本シリーズでは、金融商品についてどのような会計処理が求められるのかについてわかりやすく解説します。第1回は、金融商品に関する会計処理を定めたルールの意義・概要・対象について説明します。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レポート・コラム