1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. コロナ禍における地域銀行の経営課題

コロナ禍における地域銀行の経営課題

資本基盤を強化しつつ、貸出先の中小企業支援が求められる

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆コロナ禍を受け、地域銀行は資金繰り支援のため中小企業向け融資を増加させている。地域銀行は足元では健全性を維持しているが、将来的に中小企業向け融資が焦げ付けば、信用コストの増大により健全性が低下する懸念がある。そのような事態を防ぐためにも、地域銀行は中小企業に対する経営改善や事業再生等の支援が求められる。

◆地域銀行は将来にわたる健全性の確保が求められており、その確保に懸念のある地域銀行はその回復が重要な課題となる。自力での資金調達が難しい場合、健全性確保の手段として、改正金融機能強化法に基づく公的資金注入や、独禁法特例法に基づく経営統合を通じて資本基盤を強化する方法がある。

◆改正金融機能強化法と独禁法特例法のいずれも、審査の際に地域銀行が取引先の経営改善や事業再生等に取り組むかが確認される。地域銀行には、取引先の経営改善や地域の再生に取り組み、将来的な信用コストの増大を防ぐことが期待される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート