1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 大介護時代を乗り越える
  6. 介護離職ゼロ

介護離職ゼロ

両立しやすい働き方の普及と在宅介護サービスの充実が同時に必要

政策調査部 研究員 石橋 未来

サマリー

介護離職者(「介護・看護」を理由とする離職者)は年間約10万人です。2015年9月に当時の安倍内閣は、いわゆる「新・三本の矢」の一つに「安心につながる社会保障」を掲げ、「介護離職ゼロ」を2020年代初めに達成することを目指しました。しかし、達成の目途は未だに立っていません。介護離職ゼロに向けて必要なことは何でしょうか。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レポート・コラム