1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2022年5月鉱工業生産

2022年5月鉱工業生産

中国でのロックダウンの影響が直撃し生産指数は大幅低下

2022年06月30日

経済調査部 エコノミスト 岸川 和馬

サマリー

◆2022年5月の生産指数は前月比▲7.2%と2カ月連続で低下し、市場予想(同▲0.3%、Bloomberg調査)を大幅に下回った。中国でのロックダウン(都市封鎖)を主因に、日本国内で自動車などの減産が相次いだことが背景にあるとみられる。経済産業省は基調判断を「弱含み」に下方修正した。

◆先行きの生産指数は、中国での新型コロナウイルスの感染状況の改善によって上昇基調に転じるとみている。部品調達難などの緩和が日本の生産活動の追い風となろう。他方、中国での再度のロックダウンやウクライナ危機による資源高、半導体不足、欧米での金融引締めに伴う景気減速懸念など、山積しているリスク要因には注視が必要だ。

◆7月7日に公表予定の5月分の景気動向指数は先行CIが前月差▲1.5ptの101.4、一致CIが同▲2.8ptの94.0(7月1日に公表予定の一般職業紹介状況の結果次第では変更の可能性あり)と予想する。予測値に基づくと、一致CIによる基調判断は機械的に「改善」に据え置かれる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート