1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2021年1月貿易統計

2021年1月貿易統計

春節に向けた輸出の前倒しが発現するも、輸出数量は足踏み継続

2021年02月17日

経済調査部 エコノミスト 鈴木 雄大郎

サマリー

◆2021年1月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+6.4%とコンセンサス(同+7.0%)を若干下回った。季節調整値で見ると、8ヶ月連続の増加となった。11月、12月の輸出金額は欧米で実施された新型コロナウイルス感染拡大防止策の影響で伸びが鈍化したが、1月は前月比+4.4%と前月から加速した。

◆輸出数量(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.1%と2ヶ月連続で減少した。地域別に見ると、アジア向け(同+4.0%)は増加したものの、米国向け(同▲2.6%)やEU向け(同▲8.2%)はいずれも2ヶ月連続で減少した。1月の輸出数量は欧米向けの輸出が経済活動の制限を受け減少傾向が継続し、アジア向け輸出の増加が全体を下支えした構図だ。ただしアジア向けの輸出には、2月の春節に向けた輸出の前倒しが含まれている可能性がある。2月に反動減が見込まれることを考慮すると、1月も足踏み状態が継続しているといえよう。

◆先行きの輸出は、回復基調に転換するとみている。ただし増加ペースは緩やかなものにとどまろう。欧米ではこのところ新規感染者数が減少傾向にある。経済活動の正常化に向かえば、欧米向け輸出は増加基調に転じるとみている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート