1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年12月消費統計

2020年12月消費統計

外出自粛などを受け前月から概ね横ばい

2021年02月05日

経済調査部 研究員 和田 恵

サマリー

◆12月の消費は前月から概ね横ばいであった。需要側の家計調査の実質消費支出は2ヶ月ぶりに小幅に増加した一方、供給側の商業動態統計の名目小売販売額は小幅に減少した。ただし家計調査の実質消費支出を水準で見ると、前月の落ち込みから回復していない。12月は気温が高かった11月から一転してほぼ平年並みの気温であったことからエアコンなど冬物商品の需要は高かったものの、新型コロナウイルス感染対策の効果もあり、風邪治療や医薬品に関する消費は少なかった。また、外出自粛や年末の旅行の自粛などもマイナス要因であった。

◆個社データや業界統計、POSデータを見ると、1月の消費は12月から減少したとみられる。巣ごもり需要に関連する業態は堅調に推移したものの、時短営業や不要不急の外出自粛の影響を受けた業態は大幅に減少した。ただし2020年春の前回緊急事態宣言時と比べると、財・サービスともに変化は小幅に留まるとみられる。2月以降の消費は、緊急事態宣言の延長を受けてサービス消費を中心に低迷するだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート