1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 短期・中長期の景気循環から見た世界経済の行方

短期・中長期の景気循環から見た世界経済の行方

景気循環の「若返り」で景気後退の入口が一旦遠のく

2018年05月25日

金融調査部 主任研究員 長内 智

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 近藤 智也

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

金融調査部 研究員 中村 文香

サマリー

◆2018年に入ると、グローバルな金融市場の混乱を受けて、「適温経済」の持続性に対する懸念が急速に高まり、景気後退論が浮上することとなる。そこで本稿では、主要国・地域の短期・中長期の景気循環を丹念に点検することを通じて、不透明感が漂い始めた世界経済の行方について多面的に分析する。

◆2018年1-3月期の世界(日米欧中)の在庫循環は、景気が成熟化していることを示している。ただし、しばらくの間は、現在の局面にとどまる可能性が高く、短期の景気循環を通じて見ると、世界経済は当面底堅い推移が続くと想定される。

◆世界(日米欧中)の資本ストック循環の推移を確認すると、2017年は、成熟局面入りした資本ストック循環が一旦若返り、世界の経済成長率も加速した。先行きについては、2017年に若返った効果が残存することで、短期的に見ると、設備投資は当面底堅く推移すると考えている。

◆基本シナリオとして、世界経済が今後直ちに景気後退局面入りする可能性は低いものの、欧米の政治リスクや地政学的リスクが燻る中、今後、「米国のハイイールド債スプレッド」や「デット・エクイティ・レシオ」といった指標の変化を丹念に点検することが重要だ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート