1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. ダイバーシティ義務付け法に違憲判決

ダイバーシティ義務付け法に違憲判決

多様性ある取締役選任を義務化したカリフォルニア法は平等原則違反

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆2020年にカリフォルニア州は、人種的少数派やLGBT(lesbian, gay, bisexual, or transgender)を上場会社の取締役に一定数選任することを義務付ける州法を制定した。

◆保守系団体から同法が無効であるとの判断を求められたロサンゼルス郡裁判所は、2022年4月1日に州憲法の定める平等原則違反を理由として、原告勝訴の判決を下した。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート