1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 2017年株主総会の争点

2017年株主総会の争点

スチュワードシップ・コードの改訂で、議決権行使の賛否判断は厳格化するか

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆日本版スチュワードシップ・コードの改訂案がまとまり、投資先企業の株主総会議案に関する機関投資家の議決権行使結果の開示については、個別議案について賛否を開示するとともに、その理由の説明まで期待されるようになる。


◆個別議案の賛否開示は、機関投資家の議決権行使をこれまでより厳しいものにすると予想され、反対票が増加することとなろう。


◆また、議決権行使における利益相反を管理する目的で、議決権行使助言業者の利用がわが国でも広がるかもしれない。


◆上場企業が相談役・顧問を置いている場合には、株主総会等で関連する質問が出る可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート