1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 2018年以降の株主総会向け議決権行使基準改定動向

2018年以降の株主総会向け議決権行使基準改定動向

議決権行使助言業最大手のISSが、監査等委員会設置会社では社外取締役を3分の1以上とすべきとする助言方針を設定

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆議決権行使助言業最大手のISSが議決権行使に関する助言方針の改定を公表した。


◆2019年2月以降、監査等委員会設置会社の場合に取締役総数に占める社外取締役の比率が3分の1以上でなければ、経営トップの取締役選任議案に反対投票を推奨するとのことだ。


◆議決権行使において利益相反の管理の徹底を求められる機関投資家の間では、従来以上に助言業者が利用されるようになっており、小さからぬ波紋を広げそうだ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート