1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 2年目のコーポレートガバナンス・コード

2年目のコーポレートガバナンス・コード

記載の充実を期待されるガバナンス報告書

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆コーポレートガバナンス・コードの適用初年度は、報告書提出の猶予期間が設けられていたが、2016年は、株主総会後速やかに提出することが期待される。


◆開示事項や説明事項について、対応を行う方針を示すにとどまる記述も初年度では少なからず見られたが、2016年からは実質を伴う対応が求められる。


◆GPIFが事業会社に対して対話状況等に関する調査を実施しており、今後運用受託機関が一層積極的に対話に臨むようになると予想される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート