1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 郊外・環境配慮型データセンターの取組み

郊外・環境配慮型データセンターの取組み

2014年05月27日

サマリー

◆情報通信産業は我が国の大きな産業であり、ICTを活用した情報システムは社会にとって必要不可欠なものとなっている。情報システムの中心を成す基盤となるデータセンターに、近年、取り巻く環境の変化が見られている。


◆これまでデータセンターは東京圏に一極集中して設置されていたが、東日本大震災以降、データセンターは重要な社会インフラであることが再認識され、BCPの観点から郊外への設置ニーズが強まっている。


◆クラウドやビッグデータといったICT技術の発展によって、データセンターの利用ニーズが強まっている。データセンターの省エネ化や、環境への配慮に関する積極的な情報発信などの対応が求められている。


◆国や地方公共団体においても、データセンターの地域分散化や環境配慮型への転換に向けた取組みが進められている。データセンターを地域のエネルギーマネジメントに取り込んだ、郊外・環境配慮型データセンターへの取組みが重要となる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート