1. トップ
  2. 事業・ソリューション
  3. システム
  4. 事業会社ソリューション
  5. マルチクラウド

マルチクラウド

マルチクラウドサービス活用による拡張性とセキュリティ強度に優れたサービスを実現します。

パブリッククラウドサービスは初期導入コストを抑えリソースの拡張性、導入のスピードなどにおいてメリットがあり、日々機能が充実し、サービスも多様化していますが、セキュリティ確保、商用システムの監視運用等の連動、クラウドベンダーロックイン対策など、様々な要素を考慮しなければなりません。

プライベートクラウドは、機密/重要データを含むエンタープライズ向けシステムにおいてクローズドシステムとして活用され、障害時の迅速な対応などにおいてメリットがありますが、初期コスト面やインフラリソースの拡張性において柔軟な対応が難しい点もあります。
データ配置やインフラ構成、統合運用などの観点から、プライベートクラウドを含む自社センターとパブリッククラウドは、利用目的や利用用途に応じて使い分けることが不可欠です。

当社では、両者のメリットを活かすべく、パブリッククラウド×プライベートクラウド=マルチクラウドによる基盤サービスビジネスを展開しています。
例えば、エネルギーマネジメント分野おいては、IoTビジネスの拡大に伴う取扱いデータ増大に備えパブリッククラウドを利用しつつ、機密/重要データ等は自社センターに保管するなどの使い分けをして、拡張性とセキュリティ強度に優れたサービスを実現しています。