金融資本市場
始動する国土強靱化、基本法成立

国土強靱化に関する基本法、政策大綱とインフラ更新検討状況

2013年12月13日

サマリー

◆「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靱化基本法」が2013年12月4日に成立し、また「国土強靱化政策大綱(案)」も示され、法的にも政策的にも国土強靱化を推進する体制が整いつつある。

◆基本法では、大規模自然災害等に対する脆弱性評価を実施し、その結果に基づき優先順位を定めて、国土強靱化を実施することを打ち出している。

◆基本法成立に先駆けて、政府は、基本的な方針の整理、脆弱性評価の試行的な実施、重点化すべきプログラムの対応方針の決定等を行い、それらを取りまとめたものが「国土強靱化政策大綱(案)」である。

◆国土強靱化の推進にあたり、インフラの老朽化対策はハード面での重要な課題である。高速道路などでは大規模修繕、大規模更新等の検討が技術的な観点から実施され、費用概算が試算されている。ただし、その費用負担をどうするかは今後の検討課題である。

◆大規模自然災害等が起こった場合に、金融機能の維持ないし円滑な機能回復は、その後の復旧・復興においても非常に重要となる。各金融機関のBCP策定・実行は当然として、国としても事前の準備態勢を検討しておく必要がある。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革