1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 地方創生・地方経済
  5. みんなのためのインフラ更新と国土強靭化①

みんなのためのインフラ更新と国土強靭化①

国土強靭化の論点と課題

2013年05月07日

金融調査部 主任研究員 中里 幸聖

サマリー

◆「国土強靭化」は、防災・減災を強化した国土構想を改めて定め、持続可能な国家機能と社会の構築を図ろうとする概念であり、中心となるのはインフラの強化である。


◆本稿ではインフラに関する多様な論点の主なものについて整理することにより、これから本格化するインフラ更新・再構築のあり方を国民・住民みんなで考えるための一助とする。


◆国民・住民の観点からインフラの老朽化対策を含む持続性を考えるにあたって、所有主体及び経営主体の分類ごとに課題を考えると整理しやすいであろう。


◆料金徴収が可能なインフラ群で公有公営のものは、事業者の再編等も視野に入れて、民間活用の自由度を高める方向が考えられよう。料金徴収が難しいインフラ群は、インフラ全体の再最適化を図る観点がより求められよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート