1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 人と社会
  5. アベノミクス新・第3の矢「介護離職ゼロ」と介護費抑制の同時実現に向けて(前編)

アベノミクス新・第3の矢「介護離職ゼロ」と介護費抑制の同時実現に向けて(前編)

~中重度の特養ホーム入所待機者の解消が急務~

2016年02月25日

政策調査部 研究員 亀井 亜希子

サマリー

◆アベノミクスの第2ステージの目標である「一億総活躍社会の実現」のために、新・第3の矢「安心につながる社会保障(介護離職ゼロ)」が掲げられている。この中で、特別養護老人ホーム(特養ホーム)等の施設サービスを中心とする介護サービスの拡充が計画されている。


◆介護サービスは、介護保険制度の2000年4月の施行以降、全ての要介護者区分において、施設等サービス(施設・居住系サービス)よりも、在宅での居宅サービスの受給が進んでいる。そのうち、中重度者(要介護3~5)の居宅サービスの受給者数が増加しており、これが介護費増加、介護離職の主因となっている。


◆介護費用の面では、中重度者の居宅サービスの受給者の中には、施設等サービスを受給した場合よりも介護費負担が高額となるケースが生じており、経済的な負担が重くなる傾向にある。


◆介護者の負担面では、自宅での中重度者の介護時間は半日~終日必要となるケースも多く、医療・看護連携の必要性や、介護者にとって精神的・身体的負担も重いことから、介護・看護を理由に離職する者が増えている。これが社会的な課題となっている。


◆新・第3の矢は、在宅介護から施設介護への回帰政策であるとの批判がされることも多い。しかし、特養ホームへの入居待機者数は、2014年時点で52.3万人にのぼり、特に中重度者の待機者が多い。特養ホームの整備によって入所待機者の解消が進めば、介護者の負担を軽減し離職を減らすだけでなく、介護費の抑制も同時に可能となるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート