1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 人と社会
  5. 「介護離職ゼロ」に求められる視点

「介護離職ゼロ」に求められる視点

介護等離職者の再就職支援・正規雇用化に向けた具体策も必要では

2016年07月14日

政策調査部 研究員 亀井 亜希子

サマリー

◆介護等離職者の離職後の不就業率は、男女共に、他の離職理由の離職者に比べて高い水準にある。離職後に再就職が実現しても、正規雇用者だった者の多くは、両立を優先して、非正規雇用者に変わる者が多い。


◆「介護離職ゼロ」政策には、今後の介護等離職者の新たな発生防止だけでなく、既に介護等離職している者及び、企業の就労環境によりやむを得ず介護等離職することになる者の再就職を促進するための具体策も必要だろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート