1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 2018年、つみたてNISA(積立NISA)導入でNISAはこう変わる

2018年、つみたてNISA(積立NISA)導入でNISAはこう変わる

NISAに係る2017年度税制改正の解説と今後の展望

金融調査部 研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆2017年3月27日に、「所得税法等の一部を改正する法律」が成立し、3月31日に政省令等とともに公布され、積立NISAの導入が正式決定された。


◆2018年に創設される「積立NISA」には、内閣府告示により対象となる公募株式投信・ETFに対して、厳しく絞り込みが行われている。積立NISAは、選択肢を少なくして選びやすくした投資初心者向けの制度として普及する可能性がある。


◆他方、現行NISAは投資対象の商品と投資方法の自由度が高く、非課税で投資できる元本の金額も積立NISAより当面大きい。このため、現行NISAを利用している個人投資家の多くは積立NISAには移行せず現行NISAを利用し続ける可能性がある。


◆今後、現行NISA、ジュニアNISA、積立NISAの3つの制度について積立NISAに寄せる形での一本化が検討されることも想定される。より制約の多い制度への一本化が検討される中、分配金再投資やスイッチングで非課税枠を消費する現行NISAの「使いづらさ」の改善が難しくなることが懸念される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート