1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. ドルLIBOR、23年6月末まで公表継続の見込み

ドルLIBOR、23年6月末まで公表継続の見込み

金利指標の変更が困難な既存契約(“Tough Legacy”)に対応

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆2020年11月30日、2021年末以後に公表停止見込みのLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)に関して、LIBORの運営機関がドルLIBORの一部を2023年6月末まで公表する案を公表した。

◆同日、米国の連邦準備制度理事会等は、公表継続により、ドルLIBORを参照する多くの既存契約がLIBOR公表停止前に満期を迎えられるようになると指摘する一方、銀行に対して、2021年末より後はドルLIBORを参照する新規契約を締結しないことを求めた。

◆これに先立つ2020年11月18日には、英国監督当局が、金利指標の変更が困難な既存契約(“Tough Legacy”)への対応を想定して、ポンドLIBORについては2021年末以後も公表が継続される見込みであることを公表した(円LIBORについては未定)。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート