1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. LIBOR公表停止に備えたヘッジ会計見直し案

LIBOR公表停止に備えたヘッジ会計見直し案

2021年末から約1年間、金利指標置換後も一定の場合はヘッジ会計の適用が可能

2020年07月13日

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆6月3日、企業会計基準委員会(ASBJ)が「LIBORを参照する金融商品に関するヘッジ会計の取扱い(案)」(公開草案)を公表した。公開草案は、2021年12月末のLIBORの恒久的公表停止の可能性が高まっていることを踏まえ、ヘッジ会計の適用に特例的な取扱いを認めるものである。

◆公開草案は、適用範囲を金利指標改革に起因するLIBORの置換に直接関係のある部分に限定した上で、2021年末から概ね1年間、ヘッジ会計の要件を満たさない場合でも、一定の場合にはヘッジ会計の適用を認めるものと言うことができる。

◆ただし、金利指標の選択に関する実務や企業のヘッジ行動について不確実な点が多いため、ASBJは、本公開草案の最終化から約1年後に、金利指標置換後の取扱いについて再度確認する予定である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加