1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. デリバティブ証拠金規制の導入、9ヶ月延期

デリバティブ証拠金規制の導入、9ヶ月延期

【BCBS/IOSCO】2016年9月に延期、変動証拠金に6ヶ月の移行措置

金融調査部 主任研究員 鈴木 利光

サマリー

◆2015年3月18日、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)と証券監督者国際機構(IOSCO)は、「中央清算されないデリバティブ取引に係る証拠金規制」(2013年9月合意)の改訂(2015年3月改訂)を正式に公表している。


◆2015年3月改訂の概要は、当初は「2015年12月」としていた実施時期を「2016年9月」に9ヶ月延期することに加えて、変動証拠金の授受に6ヶ月の移行措置(取引規模が3兆ユーロ以下の対象主体の実施時期は「2017年3月」)を新たに導入することである。


◆2015年3月改訂は、業界団体である国際スワップデリバティブ協会(ISDA)の要望が部分的に叶った形となっている。


◆わが国では2013年9月合意を反映した証拠金規制の案が2014年7月に公表されているが、金融庁は、「今般の改訂を踏まえ、証拠金規制の導入時期を見直す」としている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート