1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 投資信託の時価算定の取扱いが明らかに

投資信託の時価算定の取扱いが明らかに

「時価の算定に関する会計基準の適用指針」の改正

2021年09月15日

金融調査部 研究員 斎藤 航

サマリー

◆2021年6月17日に企業会計基準委員会は、投資信託などの時価の算定に関する取扱いを定めた「時価の算定に関する会計基準の適用指針」を公表した。

◆投資信託で市場における取引価格が存在する場合は、その市場取引価格が時価と考えられる。

◆一方で、市場取引価格が存在しない場合で一定のケースでは、基準価額を時価としたり、時価とみなしたりすることができる(基準価額を時価とするか、時価とみなすかで注記の内容が異なる)。

◆本適用指針は、原則として、2022年4月1日以後開始する連結会計年度および事業年度の期首から適用する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート