1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 
  6. 社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第3回

社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第3回

日本のSRI市場

伊藤 正晴

サマリー

欧州や米国では、機関投資家を中心にSRIの市場規模が拡大しているが、日本においては機関投資家によるSRIは限定的であると指摘されることが多い。そこで、まず個人投資家向け商品を中心に日本のSRI市場の動向を示し、次いで機関投資家によるSRI拡大につながることが期待される動きを紹介する。


第1回 SRIとはどのようなものか
第2回 海外のSRI市場
第3回 日本のSRI市場
 1.市場規模の推移
 2.公募SRI投信
 3.社会貢献型債券
 4.日本のSRIに関連する動き

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート