1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2021年1月消費統計

2021年1月消費統計

緊急事態宣言の再発出を受け、財・サービスともに減少

2021年03月09日

経済調査部 研究員 和田 恵

サマリー

◆1月の消費は財・サービスともに前月から減少した。サービス消費では緊急事態宣言の再発出や「Go To トラベルキャンペーン」の一時停止を受けて、旅行や外食などを自粛する動きが広がった。さらに映画などの娯楽関連消費も減少した。他方、財消費も衣料品などを中心に減少した。初売りセールが例年に比べて振るわなかった。

◆2月の消費は1月と同程度だったとみられる。緊急事態宣言が継続する中で、財・サービスともに前月から概ね横ばいで推移した。3月の消費は前月から持ち直すものの、低水準での推移が続くだろう。政府は1都3県を対象に緊急事態宣言を2週間延長した。対象区域の飲食店の営業時間短縮要請や、「Go To キャンペーン」の停止も継続されることから、サービス消費において春休みの旅行・観光需要などが減退するだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート