1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 消費データブック(12/4号)

消費データブック(12/4号)

個社データ・業界統計・POSデータで足元の消費動向を先取り

2020年12月04日

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

経済調査部 研究員 和田 恵

サマリー

◆11月の消費は10月と同程度だったと見込まれる。財、サービスともに概ね横ばいで推移したとみられる。財に関して、スーパー、ホームセンター、家電量販店の売上は10月から小幅に増加した一方、アパレル売上と新車販売台数は小幅に減少し、百貨店売上は概ね横ばいであった。他方、サービスに関しては、月前半は「Go To キャンペーン」が追い風となり堅調に推移したものの、後半は新型コロナウイルスの感染が拡大し、同キャンペーンが一部制限されたことが重石になったとみられる。

◆【小売関連】11月のスーパーの売上は前月比+1%程度、ホームセンターは同+2%程度、家電量販店は同+3%程度と、いずれも10月から小幅に増加した。他方、アパレル各社の売上伸び率は低下し、新車販売台数は▲3%程度減少した。また、大手百貨店の売上伸び率は、前年の消費増税の影響を除いた前々年比ベースで概ね10月並みであった。

◆【サービス関連】11月の新幹線輸送量は前年比3~5割減程度と10月からマイナス幅が小幅に縮小した。旅客機輸送量も同様に前年比マイナス幅が小幅に縮小したと見込まれる。今後公表される宿泊者数、外食売上において、月後半の感染再拡大の影響がどの程度表れるかが注目される。なお、外食・旅行・娯楽関連消費と連動している小売店・娯楽施設の人出は、月平均で見ると10月から横ばいであった。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート