1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. サステナブル投資残高の増加は継続

サステナブル投資残高の増加は継続

欧州では「名ばかり」サステナブル投資の排除が進んでいる?

2021年07月27日

金融調査部 研究員 田中 大介

サマリー

◆GLOBAL SUSTAINABLE INVESTMENT ALLIANCE(GSIA)から“GLOBAL SUSTAINABLE INVESTMENT REVIEW 2020”が公表された。主要国の2019年末時点におけるサステナブル投資残高の合計は約35兆ドルと、前回調査(2017年末)から15%増加した。

◆投資手法別の残高を見ると、前回調査まではネガティブ・スクリーニングが最大であったが、今回調査ではESGインテグレーションが44%増加し、これまでの1位と2位が入れ替わる格好となった。

◆欧州では投資残高や総運用資産残高に占める割合が低下している。ただし、これは欧州が進めるサステナブルファイナンス行動計画によって、いわゆる「名ばかり」のサステナブル投資の排除が進んでいることを示している可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート