1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. COP25で議論される市場メカニズムとは

COP25で議論される市場メカニズムとは

国内企業のESG情報開示に影響する可能性あり

2019年12月12日

政策調査部 研究員 田中 大介

サマリー

◆パリ協定の実施指針について、その詳細がCOP25で議論されている。中でも、日本にとって重要な論点は市場メカニズムであり、これに日本は注力してきた。市場メカニズムの議論は、企業や投資家にも直接関係してくる公算が大きい。

◆議論の結果次第ではあるが、国内外を問わず、温室効果ガスの排出権取引が活発化する可能性がある。将来的には、自社のESG情報として他国での温室効果ガス削減量を計上・開示できるようになることも考えられるため、動向に留意したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート