1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. フィデューシャリー・デューティー、HFT、PTS信用取引などを巡る市場WG報告書の概要

フィデューシャリー・デューティー、HFT、PTS信用取引などを巡る市場WG報告書の概要

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2016年12月22日、金融審議会「市場ワーキング・グループ」は、報告を取りまとめ、公表した。


◆報告には、①顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する原則(プリンシプル)の策定、②ETFの流動性、認知度の向上、③取引の高速化への対応(アルゴリズム高速取引(HFT)に対する規制の導入)、④PTSにおける信用取引の容認、⑤取引所の業務範囲の見直し(FinTech企業への出資など)が盛り込まれている。


◆また、フェア・ディスクロージャー・ルール・タスクフォースで取りまとめられた報告も公表されている。


◆今後、金融審議会総会・金融分科会への報告、所要の法令改正などが行われるものと考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート