1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 空売り規制(時限的措置)の最終(?)の延長

空売り規制(時限的措置)の最終(?)の延長

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2008年秋に一連の空売り規制強化が実施された。そのうち、Naked Short Selling の受託禁止や空売りの残高情報(ポジション情報)の報告義務などについては、実質的に時限措置とされている。その期限は、数回の延長を経て、2013年4月30日までとされている。


◆2013年4月23日、金融庁は、これらの措置を2013年10月31日まで延長する方針を発表した。その結果、空売り規制強化措置は、更に6ヶ月間延長されることとなる。


◆もっとも、金融庁は、2013年11月を目途に空売り規制の総合的な見直しを実施する方針を既に明らかにしており、今回が時限的措置の最終の延長となるものと考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート