1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 経済入門
  5. 再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成
  6. 再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成 第3回

再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成 第3回

考え方の相違点と背景

サマリー

地域で消費するエネルギーを地域で創る「再生可能エネルギーの地産地消」を目標に掲げる自治体が増えているが、再生可能エネルギー導入には、「コスト」、「規制」、「系統連系」、「合意形成」等の課題がある。中でも、他地域へのエネルギー供給が可能な大規模施設の場合、地域内の合意形成が導入の壁となることが少なくない。本シリーズでは、再生可能エネルギーの他地域への供給、つまり地産他消における合意形成の現状を探る。


第1回 再生可能エネルギー普及の課題
第2回 NIMBY問題の整理
第3回 考え方の相違点と背景
   1.ステークホルダーの考え方
            (1)基本的な考え方は一致
            (2)資源は有限であり、持続可能な利用をすべき
            (3)不確実性に対する考え方の違い
       2.資源から生まれる価値
            (1)本質的な機能
            (2)多面的な機能

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート