1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC 想定通り0.25%の利下げを実施

FOMC 想定通り0.25%の利下げを実施

本格的な利下げサイクルの開始は否定も、幾分の緩和的な政策は必要

2019年08月01日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆2019年7月30・31日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの誘導目標レンジを、従来の2.25-2.50%から0.25%pt引き下げ、2.00-2.25%にすることが決定された。利下げの実施は2008年12月会合以来となる。また、3月19・20日のFOMCで公表された2019年9月末でのバランスシート縮小の停止に関しても、2ヵ月間前倒し、7月末で停止することが決定された。

◆今回のFOMCでの注目点は、更なる利下げ可能性に関するFRBのスタンスの行方であった。パウエル議長は、今回の利下げに関して、不確実性の高まりや世界経済の成長率鈍化を背景とした米国経済の下振れリスクと、低インフレ率に対応するために、保険的な利下げを行ったと述べている。つまり、保険的利下げである以上、景気後退を前提とした本格的な利下げサイクルの開始ではない。

◆他方で、パウエル議長は更なる幾分の緩和的な政策スタンスが必要である、と今後の保険的利下げの実施についても含みを残している。年内の更なる利下げの可能性を巡って、FRBから発せられるシグナルに注意を払う日々は続く。内需主導の底堅い拡大基調が続く米国経済を下振れさせるような、外部要因(世界経済の成長鈍化や、不確実性の高まり)の有無が、更なる利下げを実施する上ではポイントとなろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加